電卓の16進から10進へ

C#で文字列をバイナリサーチする


前提として、僕のケースでは、『アタッシェケース#3』にて、ファイル先頭から固定値である「_AttacheCaseData」(16バイト)を検索していきます。それにより、自己実行形式ファイルのデータ境界が分かるようになります。

ウェブを検索してみたら、以下のサイトが近い感じがするのですが、

バイナリデータを検索する方法(vb.net)
http://www.my-hobby.jp/index.php/2012/01/vb-net2/

File.ReadAllBytes()で、一気にファイルをバイト単位での読み込みを行っています。僕のアタッシェケース#3では、出力されるファイルが、2GBを余裕で超えてくるファイルも扱う可能性もあるので、それは使えません。

そこで、File.ReadByte()を使います。知ってましたか、ReadByte();

// _AttacheCaseData
//byte[] AtcTokenByte = { 0x5F, 0x41, 0x74, 0x74, 0x61, 0x63, 0x68, 0x65, 0x43, 0x61, 0x73, 0x65, 0x44, 0x61, 0x74, 0x61};
int[] AtcTokenByte = { 95, 65, 116, 116, 97, 99, 104, 101, 67, 97, 115, 101, 68, 97, 116, 97};

using (FileStream fs = new FileStream(FilePath, FileMode.Open, FileAccess.Read))
{
  bool fToken = false;
  int b;
  while ((b = fs.ReadByte()) > -1)
  {
    //-----------------------------------
    // Check the token "_AttacheCaseData"
    if (b == AtcTokenByte[0])
    {
      fToken = true;
      for ( int i = 1; i < AtcTokenByte.Length; i++)
      {
        if (fs.ReadByte() != AtcTokenByte[i])
        {
          fToken = false;
          break;
        }
      }
      if ( fToken == true)
      {
        _fExecutableType = true;
        break;
      }
    }

  }// end while();

}

ReadByte()は、ストリームから1バイトずつ読み込んで行きます。ただし、返値がバイトではなく、Int32 にキャストされた符号なしバイト(int)で返ってくるのに要注意。

あらかじめ分かっている定数ならば、僕のようにint配列にしますが、場合によっては、byte値をその度にintにキャストして比較しても良いでしょう。

電卓の16進から10進へ

ちなみにbyte値をintにするには、Windowsの電卓を「プログラマ」にして「16進」→数値入力→「10進」にして、値を出しました。16進を10進に脳内変換で出来ちゃうプログラマーさんはすごいと思う(常識デスカ?)。