「MarkDown#Editor」 カテゴリーの記事です。

ウェブサイトをリニューアルしました(ノーサポート宣言)


 

HiBARA Softwareロゴ

なぜ突然リニューアルを? ヒマになったから(笑)。

ここ二年余り、サイトの更新はおろか、ソフトウェアの更新さえしておりませんでした・・・既知のバグも放置されている状態で、本当に申し訳ありません。

とはいえ、このサイトは、僕の個人的なサイトで、すべて手弁当でやってます。サーバ費用、運営コスト、ソフトウェアを更新していく労力。それはすべて使っていただている方の感謝があってこその原動力だったわけです。

ところが、最近は「バグ直すの当たり前だろ」や「今の時代、SSL(https)が当たり前なのでは?」といったメール、「日本年金機構がexeを安易に扱っていた。アタッシェケースもexeで出力できるけど対応しないのか!?」といったTwitterなど、もはや関係あるのやら、ないのやら、苦情ばかり。もう勘弁願います!

というわけで、本日より、

「ノーサポート」を宣言します!

メールは原則、返事しません(ヒマなときは返すこともあります)。基本、対応はせず、ユーザーさんには自己解決を望みます。そのためにオープンソースになっているのですから。

ただ、各地方自治体や、企業さんで、組織的に導入されている方々には不安を与えるかもしれません。それらは、サポートを有償で提供するという仕組みを考えています。こちらは別途ご相談いただければと思います。

さて、今後の予定ですが、ざっと行う順番を上げておきます。

  1. 現行の「アタッシェケース」のバグ修正。
  2. 新たに「アタッシェケース」をVisual Studio C#への移植
  3. 「MarkDown#Editor」のバグ修正とバージョンアップ
  4. 「暗号化ツール(ソリューション)」の提供

(2)については、すでに着手していて、暗号・復号までできています。早めにGitHubへ上げていこうかと考えています。

すでに僕は、C++Builderを見限っており、よりフォークやプルリクエストがしやすいように、誰でもが使えるツール上のプロジェクトに移したいという意図があります。

(1,3)はすみません、けっこうバグを残している状態なので、早めに対処して公開します。

(4)は、前の「有償サポート」と絡みますが、商用目的で暗号化モジュールを組み込みたいという方向けに、オープンソースで提供しようという試みを考えています。ファイルフォーマットはアタッシェケース形式ではなく、独自にカスタマイズできるようにしたいと思っています。

基本的にMITライセンスでの配布予定ですが、導入にあたってサポートが必要ならば、有償にて承るということになるでしょうか。

他にも作りたいソフトは山ほどあるのですが、とりあえずは二年ぶりということで、まずは順番に、優先度を決めて、やっていきたいと思います。

では今後ともよろしくお願いいたします。

C# エディタのシンタックスハイライター処理を速くする方法


今回は、Visual C# に含まれる RichEditBoxを使って、正規表現で指定したキーワードを引っかけて、
色を付けるという処理をいかに速く行うか?という話。

MarkDown#Editorで、実際にやってみたことを記事にしておきたいと思います。

前提として、僕は、卑下するわけではないですが、あまりたいしたプログラマーとは言えません。
ですので。最初からヒヨっているわけですよ。たとえば、

  • RTFフォーマットを直接ゴリゴリやらない。
  • そもそも文字列を独自描画したりしてエディタを一から作っちゃわない。
  • 無理はしない。

だから、ありあわせのRichEditBoxを使ってどうにかしたい。超楽したいのです。

(さらに…)

PHP Markdown Extra 仕様の全訳(意訳)


拙作の「MarkDown#Editor」ですが、次版では、Markdown Extraの実装を検討しています。

でも、そのためには本家Extraの仕様をよく理解していないとつくれません。

Michel Fortin – PHP Markdown Extra

ただ、本家ホームページは全部英語。がんばれば読めないわけではありませんが、楽をしたいなあ、誰か訳していないかなあ、とウェブをうろちょろしてみたのですが、誰もしてくれてなくて・・・

うーん(笑)。

じゃあ、どうせしっかり調べるなら、僕が全訳してしまおうか、という感じでやってみました。

もし英語の得意の方で、かつMarkdown Extraに精通されていて、微妙に本家とニュアンスがちがうだとか、真逆のこと書いてあるということがあれば、適宜ツッコミを入れてください。修正を加えて行きたいと思います。

また、以下の場所に参照しやすいよう、ファイルとしても上げています。よろしければこちらも併せてご参照ください。
https://gist.github.com/hibara/5661760

そして以下が、そのページの全訳。

(さらに…)

MarkDown#Editorをオープンソース化しました


開発当初から予告はしていたのですが、少し落ち着いてきたので、ソースコード含め一式をオープンソース化しました。GPLv3ライセンスで、アタッシェケースと同様に、GitHubのレポジトリとしてアップロードしました。


GitHubロゴとOctcatちゃん

https://github.com/hibara/MarkDownSharpEditor

同時に、ver.1.0.9.0へバージョンアップ も行ったのですが、オープンソース化に伴うドキュメントの整理と、ソースコード内のコメントアウトを少しいじったくらいで、直接的な動作に影響するような修正は加えておりません。

引き続きフィードバックはもちろんのこと、GitHub上でのフォーク、プルリクエストをお待ちしています。

 

MarkDown#Editor(ver.1.0.0.0)をリリースしました。


Markdown記法に対応したテキストエディターをリリースしました。

MarkDown#Editor ver.1.0.0.0

http://hibara.org/software/markdownsharpeditor/

フリーソフトウェアで、Windows XP/Vista/7/8に対応し、動作には、.NET Framework 4.0以上(Client Profileではなく、無印のもの)が必要です。

(さらに…)

s