日本語 / English

スポンサー・リンク

使用方法

ファイル/フォルダーを暗号化する

使い方はシンプルです。「アタッシェケース」ショートカットアイコンか、あるいは起動したウィンドウの上に、 暗号化したいファイルをドラッグ&ドロップするだけです。

ドラッグ&ドロップ

あるいは、すでに出力ファイルの種類があらかじめ決まっているのならば、先に出力形式を選んでおくこともできます。

あらかじめ出力形式を選択

ファイルをドラッグ&ドロップした後、以下パスワードを入力します。推測されにくい長めのパスワード入力をオススメします。

今までのバージョン(〜ver.2)までは、パスワードの入力文字数には制限があり、大文字小文字を区別し、 半角で32文字(全角だと16文字)以内でしたが、ver.3以降ではその制限はありません。
パスワード入力画面

また、この画面においても、アタッシェケースアイコンをクリックすることで、出力形式を選ぶことができます。

アタッシェケースアイコンをクリック 後から出力形式を選択

一度、パスワード入力を行ったあと、OKボタンを押すと、 確認のため、再度同じパスワード入力を促されます。 これは誤ったパスワードで暗号化してしまい、元に戻せなくなるのを防ぐためです。

パスワード再入力画面

次に、「暗号化」ボタンを押せば処理が開始され、 「完了」というメッセージが出たら、暗号化ファイルが作成されています。

暗号化処理完了画面 ATCファイルアイコン

 

ファイルを復号する(元に戻す)

これも暗号化と同じく、アタッシェケースのアイコン、または開いたウィンドウ上に、 暗号化ファイルをドラッグ&ドロップします。

暗号化ファイルのドラッグ&ドロップ

アタッシェケースファイルは、たとえ拡張子が異なっていたとしても、 ファイルデータを直接見て、暗号化ファイルか自動判別します。 ですので、自己実行形式ファイルをドラッグ&ドロップしても問題なく復号できます。

暗号化ファイルだと確認できれば、以下のように、復号するためのパスワードが求められます。

復号するためのパスワード入力画面

「完了」の文字が出たら、暗号化されていた元のファイルが同じ場所にできているはずです。

復号完了画面 Wordファイルアイコン

 

自己実行形式出力

自己実行可能形式の選択ウィンドウ

以下にある「暗号化前」と、「ファイル/フォルダーをドラッグ&ドロップした後」の画面で、 以下のアイコンを選択すると、

自己実行可能形式

実行ファイル(*.exe)で出力されます。

自己実行形式出力の注意点

  • 実行する環境に、.NET Framework 4が必要です。
    アタッシェケースがインストールがされていない環境においても、上記のフレームワークは必要です。
  • ファイルサイズが増加します。
    実行形式出力することで、復号するための機能が入るため、通常の暗号化ファイル(*.atc)よりもファイルサイズが大きくなります。
  • 実行可能形式で出力した際には、あなたがアタッシェケースで設定した内容は保存されません。
    つまり基本設定や、保存設定、削除設定、システムなどは、ファイルに含まれませんので注意が必要です。復号&解凍するだけのシンプルな機能となります。 たとえば、パスワードは必ず聞かれ、保存される復号されたファイルはEXEファイルのある場所で、元ファイル(*.exe)は削除されない、 ということになります。
  • 出力した実行形式ファイルの配布条件などは特にありません。
    実行形式ファイルの配布は、自由に行ってかまいません。 アタッシェケースが出力するファイルについては、通常の*.atcファイルも含め、自由に行うことができます。(→詳しくは「FAQ」および「ライセンス」を参照ください。)

 

起動時のコマンドラインオプション

「起動時のコマンドラインオプション」が何のことか分からないユーザーさんには、まったく関係ありません。 読み飛ばしてください。

このページでは、アタッシェケースをより高度に使いこなしたい人向けに、カスタマイズの方法を説明しています。

アタッシェケースでは、起動時に引数を渡すことで、暗号/復号化処理を行うことが可能です。 他のアプリケーションから扱ったり、バッチファイルなどから操作できます。 たとえば、アタッシェケースのショートカットを作成し、「リンク先」に書き込むことでパスワードを使い分けて、 暗号/復号するなんて使い方も便利かもしれません。

コマンドライン引数では、パスワード文字列などは隠されることなくそのまま記録、表示されることになるので、 設定には十分注意して行ってください。 あくまでこれも自己責任でお願いします。

起動時のコマンドラインオプションの注意点

  • 特に引数を指定しない場合は、すでに設定されている内容でアタッシェケースは起動します。 たとえば「フォルダの場合、復号後に開く」の設定にふだんはONにしていると、引数でOFFと特に指定しないかぎり、 復号後にフォルダを開く動作となります。
  • 引数の大文字小文字は区別しません。ただし、パスワードなど設定の中身は区別します。
  • 引数と"="(イーコール)の間に空白やTabなどの制御文字を入れると正しく認識できません。
  • 設定内容のパスワードに空白を入れたり、ファイルパスに空白が含まれる場合は、 ""(ダブルコーテーション)で引数全体を括ると正しく認識できます。
  • コマンドライン引数を指定して実行した場合は、終了時にその設定を保存しません。 ユーザーキャンセルなどで処理を中止した際に、改めて動作設定を行っても反映されません。
  • アタッシェケースが出力した実行形式(*.exe)ファイルの暗号化ファイルに対して、コマンドラインでの指定はできません。 できるのは本体(AtchCase.exe)へのみです。
  • コマンドラインオプションでアタッシェケースのすべての設定項目を指定できません(一部設定できないものもあります)。

 

基本設定

/p=[PASSWORD]
パスワード
ex). /p=hirakegoma ※パスに空白を含む場合は、ex). "/p=hirake goma"

/mempexe=[0,1]
記憶パスワードで確認なく実行する
ex). /mempexe=1 ※実行せず確認を行いたい場合は、ex). /mempexe=0

/wmin=[0,1]
常にウィンドウを最小化して処理する
ex). /wmin=1 ※常に最小化して暗号化/復号処理を行いたくない場合は、ex). /wmin=0

/tskb=[0,1]
ウィンドウを最小化したときタスクバーに表示しない
ex). /tskb=1 ※表示しておきたい場合は、ex). /tskb=0

/tsktr=[0,1]
タスクトレイにアイコンを表示する
ex). /tsktr=1 ※アイコンを表示したくない場合は、ex). /tsktr=0

/opd=[0,1]
フォルダの場合、復号後に開く
ex). /opd=1 ※フォルダを開きたくない場合は、ex). /opd=0

/opf=[0,1]
復号したファイルを関連付けられたソフトで開く
ex). /opf=1 ※フォルダを開きたくない場合は、ex). /opf=0

/exit=[0,1]
処理後、アタッシェケースを終了する
ex). /exit=1 ※終了したくない場合は、ex). /exit=0

/front=[0,1]
デスクトップで最前面にウィンドウを表示する
ex). /front=1 ※前面にしたくない場合は、ex). /front=0

/nohide=[0,1]
「*」で隠さずパスワードを確認しながら入力する
ex). /nohide=1 ※隠して入力したい場合は、ex). /nohide=0

/exeout=[0,1]
常に自己実行形式で出力する
ex). /exeout=1 ※実行形式で出力したくない場合は、ex). /exeout=0

/chkexeout=[0,1]
メインフォームにそのチェックボックスを表示する
ex). /chkexeout=1 ※チェックボックスを表示したくない場合は、ex). /chkexeout=0

/askende=[0,1]
暗号/復号処理かを問い合わせる
ex). /askende=1 ※問い合わせをしたくないときは、ex). /askende=0

/en=1
明示的に暗号化を指定する
※このオプションを指定すると起動時に「暗号化」処理に移行します。

問い合わせオプションが指定されていても無視されます。

/de=1
明示的に復号化を指定する
※このオプションを指定すると起動時に「復号化」処理に移行します。

問い合わせオプションが指定されていても無視されます。

/nomulti=[0,1]
複数起動しない
ex). /nomulti=1 ※複数起動するときは、ex). /nomulti=0

 

保存設定

/saveto=[PATH]
常に同じ場所へ暗号化ファイルを保存する
ex). /saveto=MyData
※パスに空白が含まれる場合は、
"/saveto=C:\Documents and Settings\User1\My Documents"

/dsaveto=[PATH]
常に同じ場所へファイルを復号化する
ex). /dsaveto=MyData
※パスに空白が含まれる場合は、
"/saveto=C:\Documents and Settings\User1\My Documents"

/ow=[0,1]
同名ファイルの場合、確認無しに上書きする
ex). /ow=1 ※上書きを確認しない場合は、ex). /ow=0

/orgdt=[0,1]
暗号化ファイルのタイムスタンプを元ファイルに合わせる
ex). /orgdt=1 ※タイムスタンプを生成時のままにしておくのは、ex). /orgdt=0

/now=[0,1]
復号したファイルのタイムスタンプを生成日時にする
ex). /now=1 ※元のタイムスタンプのままは、ex). /now=0

/allpack=[0,1]
複数ファイルは一つの暗号化ファイルにまとめる
ex). /allpack=1 ※まとめない場合は、ex). /allpack=0

/oneby=[0,1]
フォルダ内のファイルは個別に暗号化/復号する
ex). /oneby=1 ※個別に処理しない場合は、ex). /oneby=0

/nopfldr=[0,1]
復号するときに親フォルダを生成しない
ex). /nopfldr=1 ※復号するときに親フォルダを生成する場合は、ex). /oneby=0

/withext=[0,1]
暗号化ファイル名に拡張子を含める
ex). /withext=1 ※含めない場合は、ex). /withext=0

/autoname=[FORMAT]
自動で暗号化ファイル名を付加する

ex). /autoname=<filename>_<date:yymmdd><ext>
※autonameが指定されないと、この機能はOFFとなります。
※パスに空白が含まれる場合は、
ex). "/autoname=<filename>_<date:yymmdd><ext>"

/zipsaveto=[PATH]
パスワード付きZIPファイルを常に同じ場所へファイルを保存する
ex). /zipsaveto=MyData
※パスに空白が含まれる場合は、
"/saveto=C:\Documents and Settings\User1\My Documents"

/zipalgo=[0,1,2]
パスワード付きZIPファイルの暗号アルゴリズム
0: PkzipWeak, 1: WinZipAes128, 2: WinZipAes256
ex). /zipalgo=1

 

削除設定

/del=[0,1,2,3]
暗号化した後、元ファイルを削除する
0: 削除しない
1: 通常削除
2: ごみ箱への削除
3: 完全削除
ex). /del=1 ※元ファイル削除しない場合は、ex). /del=0

/delenc=[0,1,2,3]
復号化した後、暗号化ファイルを削除する
0: 削除しない
1: 通常削除
2: ごみ箱への削除
3: 完全削除
ex). /delenc=1 ※元ファイル削除しない場合は、ex). /delenc=0

/chkdel=[0,1]
メインフォームにそのチェックボックスを表示する
ex). /chkdel=1 ※チェックボックスを表示したくない場合は、ex). /chkdel=0

/delrand=[0-99] 乱数を何回書き込み消去するか
0-99: 書き込み回数を指定します。
ex). /delrand=3 ※乱数書き込みしない場合は、ex). /delrand=0

/delnull=[0-99] NULLを何回書き込み消去するか
0-99: 書き込み回数を指定します。
ex). /delnull=3 ※乱数書き込みしない場合は、ex). /delnull=0

 

圧縮設定

/comprate=[0-9]
圧縮設定(圧縮率)
0-9: 圧縮率を指定します。
ex). /comprate=6 ※圧縮しない場合は、ex). /comprate=0

 

高度な設定

/pf=[0,1]
パスワードにファイルの指定を許可する
ex). /pf=1 ※許可しない場合は、ex). /pf=0

/pfile=[PATH]
暗号時のパスワードファイルパス
ex). /pfile=C:\Temp\pass.txt
※パスに空白が含まれる場合は、
"/pfile=C:\Documents and Settings\User1\My Documents\pass.txt"

/dpfile=[PATH]
復号時のパスワードファイルパス
ex). /dpfile=C:\Temp\pass.txt
※パスに空白が含まれる場合は、
"/dpfile=C:\Documents and Settings\User1\My Documents\pass.txt"

/nomsgp=[0,1]
パスワードファイルがない場合エラーを出さない
ex). /nomsgp=1 ※エラーを出す場合は、ex). /nomsgp=0

/camoext=[EXT] 暗号化ファイルの拡張子を偽装する
ex). /camoext=.jpg ※偽装しない場合は、ex). /camoext=null

 

その他(コマンドラインからのみ)

/4gbok=[0,1]
実行形式のときに出力ファイルが4GBを超えても警告メッセージを出さない
※実行形式出力以外のとき、このオプションは無視されます。
ex). /4gbok=1 ※出す場合は、ex). /4gbok=0

/ws=[0,1,2]
アタッシェケース起動時にウィンドウの状態を指定します。
0: 通常起動
1: 最小化
2: 最大化
ex). /ws=1 ※この指定の場合、ウィンドウは「最小化」の状態で起動します。

/list=[PATH]
別テキストファイルで暗号/復号処理するファイルリストを指定
ex). /list=C:\Temp\list.txt
※パスに空白が含まれる場合は、
"/list=C:\Documents and Settings\User1\My Documents\list.txt"

指定するファイルリストの書式は、1行1ファイルパスです。

ex).上記のパスに指定したlist.txtの中身↓
hogehoge.bmp
hogehoge1.bmp
hogehoge2.bmp
hogehoge3.bmp
tmp\temporary.htm
C:\Documents and Settings\User1\My Documents\test.doc

・別途実行引数にファイルパスを直接入れても、併用できます
(と言うよりも、一緒に処理されてしまいます)。
・当然ですが、存在しないパスがあると処理中にエラーが発生します。

こうして見ると、引数指定はけっこう煩雑ですが、既存の設定をそのままに、 変えたいところだけ一時的に引数指定すると考えて使うとわかりやすく便利かと思います。

たとえば、
"C:\Program Files\アタッシェケース\AtchCase.exe" 企画文書1.doc /p=hirakegoma /ow=1 /exit=1 /saveto=encrypt
とすれば、

「企画文書1.doc」を暗号化するとして、パスワードは「hirakegoma」、 上書きの確認無し、処理後終了、保存先は、「encrypt」フォルダとなります。 それ以外の未指定の動作設定については、既存の設定が適用されます。

スポンサー・リンク