Inno Setupで国際化(多言語化)対応


今回も、多機能で汎用的なインストーラー「Inno Setup」のメモ。

拙作「MarkDown#Editor」の最新版では、国際化対応し、英語版にも対応しています。

ってことは、本体だけでなく、インストーラーも英語化に対応しないといけないということに気づきました。

おっと、こりゃ、意外と手間だぞ、と。

と、思って少し躊躇していたら、Inno Setup自体がすでに国際化対応できているんですね。

各国語のファイルをインクルードしてくれば良いだけでした。

[Languages]
Name: "en"; MessagesFile: "compiler:Default.isl"
Name: "jp"; MessagesFile: "compiler:Languages\Japanese.isl"

Inno Setupのデフォルト言語は、英語になっているので、日本語ファイルは”Languages”フォルダに入っているファイルを指定するだけです。

しかもある程度、カスタムメッセージも入っているので、たとえば、「デスクトップ上にアイコンを作成する(&D)」とか、{cm:CreateDesktopIcon}を指定するだけです。これは便利。

[Tasks]
;"デスクトップ上にアイコンを作成する(&D)"
;Create a &desktop icon
Name: desktopicon; Description: {cm:CreateDesktopIcon};
;ファイル拡張子 %2 に %1 を関連付けます。
;&Associate %1 with the %2 file extension
Name: association; Description: {cm:AssocFileExtension,*.md,MarkDown#Editor};

他に必要なメッセージを各言語で書き分けたいときは、以下の[CustomMessages]セクションに追加しておくだけです。

[CustomMessages]
en.SetUpProgramDescription=Set up program for 'MarkDown#Editor'
jp.SetUpProgramDescription=「MarkDown#Editor」をセットアップするプログラム 

あと、インストール後に、MarkDown#Editorで日本語ファイルと、英語ファイルを開き分けたいという場合があったのですが、それも次のように[CustomMessages]セクションで書き分けておきます。

[CustomMessages]
en.mdSampleFile=help.md
jp.mdSampleFile=help-ja.md

そのファイルを[Run]セクションのパラメーターに、その変数を埋め込めば、言語別にファイルを開くことができるようになります。

[Run]
Filename: "{app}\MarkDownSharpEditor.exe"; Parameters:"{userappdata}\MarkDownSharpEditor\{cm:mdSampleFile}"; 
	Description: {cm:LaunchProgram}; Flags: nowait postinstall skipifsilent

いやあ、なんでもできちゃいますね。Inno Setup。

あとの詳細は、GitHubに上がっているセットアップファイルを直接参照ください。↓

https://github.com/hibara/MarkDownSharpEditor/blob/ver.1.2.1.0/installer/MarkDownSharpEditor.iss#L107

お気軽にコメントをどうぞ〜

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コメントフィード

s